ブログ

【心豊かに生きる100のヒント 44】旅は脳に良い?

2015年1月19日

 

皆さん、こんにちは。アクシアバイオの齋藤です。

 

本日も、【心豊かに生きる100のヒント】を ご紹介します。どうぞお楽しみに☆

 

 

趣味は何ですかと聞かれると旅行ですと答える人は多いと思います。また、人にもよりますが、女性は男性に比べて旅行が好きな人が多いのではないかと思います。一人旅という場合もあるかもしれませんし、また友人と旅行するのも女性が多いのではないかと思います。

 

日本は四季があり、北海道から沖縄まで各地のそれぞれの吊所やそれぞれの土地の食べ物、場所によっては良い温泉があったり、旅行は本当に楽しいものですね。

 

少しまとまった休みがあると家族、友人で旅行に行きたいという人が多いと思います。また、今は海外にも手軽に行ける時代なので、日本国内だけでなく、海外に行く方も多いですね。

 

そして、この「旅行」ですが、実は脳を刺激して、脳に良いということがわかっています。

 

特に脳の海馬といわれる人の記憶や学習にかかわる部分にとって大きな刺激となるようです。

 

この海馬は記憶、学習に関わるのですが、海馬に一番刺激となるのが、実は「空間情報《だそうです。旅行に行くと普段とは違った様々な場所に行くと思います。そこで普段とは違った見る、聴く、触る、味わう、嗅ぐという五感の刺激があるので、非常に刺激になるようです。普段とは違った良い景色をみて、日常的に入ってくるのとは違った様々な音を聴いて、普段とは違った環境に接していろいろなものに触れて、普段は食べないような美味しいものを食べ、そして、普段と違う臭いの刺激にふれる。う~ん、活性化しそうですね。

 

これを裏付ける実験があって、ネズミの実験ですが、なにもないような環境にずっといたネズミは海馬の機能が低下するそうです。また、刺激のある場所に移すと逆に海馬は増えるそうです。

 

なかなか遠い旅行というと時間がとれなかったりすると思いますが、ちょっといつもと違う場所、違う空間に行ってみると脳機能に良い刺激になりますね。

 

本日も、何かの参考になれば、嬉しいです。

ページのトップへ